代表者の歴史と想い。

山出 和則

株式会社 MountainGo 代表取締役 山出 和則 

1980年3月22日 生

三重県伊勢市在住

とるしえ三発・風船芸忍・玉川佐八

年表

1980年3月 

三重県久居市(現・津市)に生を受ける。 

1983年 日本で一桁の前例しかない宝くじより当たりにくい病気に当選。  

3歳にして、8時間に及ぶ手術。頸部の手術だったため、神経が損傷すると顔の表情に歪みが生じる危険と、再発や残存の危険性を言われるも、無事成功。     ただ、残念ながらイケメンだったはずの顔はご覧の通り。

1986~1998年 学生時代

小学5年いじめを苦に、死にたがる。うわぐつの跡が顔に。親の愛によりあらゆる手を尽くしてくれたおかげで、無事生還。                中学校 またもやいじめがあるものの、早期に親に相談。マザコンと揶揄される  も、無事スクスク成長。                         高校 さらにいじめが起きる。電気科だったため、電線の鞭打ちでミミズばれ、タバコの火、階段からのけり落とし、などなど。マザコンと言われたくない一心で、今度は、生徒指導に逃げ込む。ボクサーと呼ばれる厳つい熱血教師と数学教師の華麗なる計算により、当日中に全校集会。数名が退学。再入学してきた同級生とすれ違うたびに生きた心地がせず。

腹話術の人形のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

1999年(19歳) 

卒業後、電気工事業で働きながら、演劇の楽しさに出会う。劇団所属。いっこく堂さんもいじめを受け、心の友であった人形と話す中で腹話術と出会ったことを知る。人を楽しませる人を目指して奮闘。

2000年

演劇仲間と1度目の結婚。別居。娘が生まれる。劇団を作るも、粉砕。        かつらさんぱつ師匠と出会う。弟子に。

2003年 

3年で離婚。娘と生き別れる。自己嫌悪の日々。のたうち回る日々。病む。

人生の師・山崎拓巳氏と出会う。いつか生き別れた娘に会えるなら、胸を張って会える自分になっておこうと決意。ビジネスに取り組み、試行錯誤の人生に。

2006年 

久居にてカフェを開業。隠れ家的カフェを目指し、本当に隠れてあっという間に閉業。

2009年 大事件がおきる。

ちょっといろいろありまして・・・。失踪。人知れず、人生を終わらせようと、日本海(福井)へ。が、怖くなり死ねずズルズル。ただの死にぞこないに。福井→石川→富山へと導かれる。

富山の曼陀羅遊園で、天界と地界について学び、人生の修行について深く考える。「非苦非楽」という言葉を見つめ、そんな世界に行くことが出来たら、とこれまでを振り返る。瞑想。自分が死に損なった意味、そこで死に新たに生まれたこと、そして、扉を出たところから新たな人生が始まることを宣告される。

おまけの人生、いけるところまで旅することを選択。放浪。北上し北海道。  雪が降ってきて慌てて本州へ。岩手・福島と南下。たくさんの名前も知らないご縁、出会いに、優しさや、琴線に触れる言葉を戴きながら、死にぞこないは旅をつづけた。静岡辺りで資金尽き、岐阜の雪山で働く。心の友と出会う。

修行僧の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

2010年     

高野山に3か月籠る。高野山一乗院。 弘法大師の教え、広施功徳宝(持っているものをすべて世のため人のために施すことこそ最高の宝であるという意)      を学び、山を下りる。

2010年7月  

ある日、目が覚めると、福岡の日本銀行前にいた。福岡のホームレスと寝る場所を取り合う。福岡のホームレスのたくましさを目の当たりにする。雑誌を町で売るホームレス。ギターを弾き、炊き出しの支援を求めるホームレス。そして、それを見つめる20日ホームレスの自分。「名古屋の追いやられるホームレスの力になりたい。」生きる意味を見つける。刀研師 杉氏と出会い、数時間の講話を戴く。「刀は持つ人を選ぶ。自分の身に起きることはすべて自分を選んでいる」

九州大仏に祈る。「死に損ねたこの命を、そのご意志のままにお使いください」

不思議な出来事の数々。導かれるように、雲仙へ。雲仙九州ホテルで働く。素晴らしい支配人と女将のもとで、おもてなしの喜びを学ぶ。素敵な人たちと働く喜びを知る。寮で名古屋のホームレスサポートプロジェクトを作りこんでいく。

秋、三重に2年ぶりの帰還。プロジェクトの実現のため、知識と資金を集めるべく、伊勢志摩へ。サミットの開かれるホテルなど、一流を学ぶ。

2011年3月11日 東日本大震災。

あの大地震が起きる。ホテルをやめ、ボランティアバスで岩手へ。当初は、ボランティアとしてがれきの撤去、写真の修復をはじめ、保育園などで余暇イベントを提供。複数回のボラバスに参加したのち、岩手に留まって活動継続。「ホームレス支援をすると息巻いた自分」との矛盾に悩むも、被災地で「福岡のホームレス支援団体の主催者」と出会う。「日本では、ホームレスと被災者、分けて呼ぶけど、アメリカでは、災害で被災した人もホームレスと呼ぶ。だから、君のしていることは矛盾していない」と教えて戴く。

その後、後にニュースを騒がせるNPO団体に加入。災害特殊小隊に配属。支援物資の管理、ご遺体捜索、訓練の日々。東日本最大級のがれき火災の消火活動。などなどを行う。そしてその後追放されることに。

2012年 ~ 2017年

志半ばで岩手を後にした後ろめたさ、そして心残りから、被災地で雇用を作るための技術を身に着けようと、整体を学び、新店舗の立ち上げを行う。     また、各地の台風被害地へ出向き、被災地支援をライフワークとする。

熊本の益城の被災地で子どもたちに風船芸
電気工事の技術を活用。
ボラキャンプで数々の電気工事を。
高橋歩氏との出会い

災害支援は想いだけでは大したことはできない。知識や技術が重要だ。もっと言えばある程度は資金も重要だ。それを学んだ熊本地震での活動でした。

観光誘客で、全国の百貨店などで風船芸
おじいちゃんおばあちゃん達に落語

三重県の観光誘客で、全国のイオンや百貨店を回って、風船芸をしたり、時にはゆるキャラに入った・・・いえ、ゆるキャラと仲良くなったりしながら、三重の魅力を発信していく活動にも携わりました。また、高齢者の皆さんに落語を見て戴いたり、地域の祭りで行ったりと、私にとって、【芸】とは私の人生を豊かにするそのものであり、私らしさでもあります。

もちろん、落語や風船芸だけでなく、電気工事などの技術も、【芸】です。ピアノやギターの演奏や、料理、農、工芸、などなど、芸は、その人らしさでもあり、その人の強みでもあると思います。

私は【芸】のおかげで、顔や名前を覚えて戴き、【芸】が、人とのつながりを作ってくれました。そして【芸】が自分を好きにさせてくれました。もちろん、すごい芸をもっているわけではありません。もっともっとすごい技術を持つ芸人さんは山ほどいます。私は下っ端の下っ端です。

でも、すごい芸でなくても、【芸】というものは人に喜んでいただけて、自分自身の喜びにもなります。その人が大好きなもの、その人が少しでも誰かに喜んでもらえるもの、楽しんでもらえるもの。それは立派な【芸】だと思います。そして、だからこそ、より喜んでもらえるものとできるよう磨き続けていくのだと思います。それを私は、師匠から学びましたし、師匠はそれを体現していると感じています。

長くなりましたが、弊社をご利用いただく方も、一緒に働いて戴くあなたも、通りすがりのあなたも、自分の【芸】つまり色を大事にしていただき、自分自身を生きて戴けたら嬉しいです。そんなふうに生き生きした姿を、子どもたちが見て、「僕も、私もそうなりたい!」と思ってくれたら、きっと、もっと素敵な世界がやってくる。そう信じています。

             やまでかずのり 感謝